一般社団法人 日本ライフマイスター協会

わたしの介護相談窓口

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2-5-4 パークハイツ日本橋蛎殻町902

介護保険制度の概要

〇支え合う社会保険制度です

介護保険制度は市区町村が保険者となって運営します。40歳以上の人全員が被保険者(加入者)として保険料を負担し、介護が必要と認定されたときには、費用の一部を支払い、サービスを利用します。

〇介護保険に加入する人

40歳以上の人は、住んでいる市区町村(保険者)が運営する介護保険の加入者(被保険者)となります。被保険者は年齢によって第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳から64歳)に分けられます。

加入は40歳になったら

 介護保険に加入するのは40歳になった日(誕生日の前日)です(「年齢計算ニ関スル法律」による)。介護保険に加入するための手続きや新たな届け出等は不要です。

住所地特例制度

介護保険制度では、原則として住民票のある市区町村の被保険者になります。その例外が「住所地特例制度」です。被保険者が他の市区町村の施設に入所して、施設所在地に住所を変更した場合には、新住所(施設所在地)の市区町村ではなく、前住地の市区町村の被保険者資格が継続します。

 介護保険施設等を多く持つ市区町村に、他市町村からサービス利用者が転入することにより、その市区町村の介護保険財政が圧迫されることを防ぐため、負担の偏りを是正し、介護保険制度を安定的に持続していくための制度です。

住宅地特例対象施設

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設、介護療養型医療施設(療養病床等)

養護老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス等)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅

みなさんの介護の悩みを分かち合い、励ましあえる掲示板広場です
特定の人や事業所を被弾することは禁止します

みなさんが個人で作成できる日記の作成方法です

会員さんがマイスター協会に相談できる窓口です